小林製薬ルテイン 老眼や疲れ目対策で調べた感想

小林製薬ルテインのおすすめ度は?

小林製薬ルテイン画像

小林製薬が販売している目のサプリメント「ルテイン」についての感想です。
いくつもの目のサプリメントを調べた感想を、備忘録として紹介しています。

 

おすすめ度 おすすめ度3

 

全体的な感想
小林製薬が製造しているので、品質への安心感は絶大です。続けて飲むサプリメントだからこそ大手製薬メーカーのものを飲みたいという方に向いています。
ルテインのみの摂取をしたければ、価格も手頃なのでいいと思います。

 

では早速、価格から紹介します。

 

リニューアル情報
商品パッケージと商品名が変更
小林製薬新ルテインa
ルテイン⇒ルテインaに。
内容は変わっていないようです。

 

小林製薬ルテインの購入価格

通常価格 1,728円
定期価格 1,728円

初回1袋に限り30%OFF30%OFFの割引特典あり。
会員登録が必要です。

価格の感想 感想3

※定期コースを利用した場合。
価格は2017年8月24日時点です。予告なく変更になる場合があります。

 

このサプリメントはルテインとゼアキサンチンがメインで、配合バランスは理想的ですが少し価格としては高めだと思います。一流メーカーならではの品質維持のためのコストやブランド価値も価格に反映されているような印象ですね。

 

原材料や成分量などは載っているか

感想 感想4

 

申し込みページ下部に全成分表示が大きく掲載されていました。成分がどこに載っているのか分からない企業も多いですが、その点はしっかり利用者の不安点をおさえていると思います。
ただ、原材料が見つけられなかったので☆をマイナス1しました。

 

<参考>

栄養成分(1粒あたり)

エネルギー3.3kcal、たんぱく質0.14g、脂質0.28g、炭水化物0.0046g、食塩相当量0〜0.0016g、ビタミンE0.005〜0.5mg、機能性関与成分ルテイン10mg、ゼアキサンチン2.0mg

とてもあっさりとしたサプリメントで、あれこれ入っていないのが特徴的です。
ルテインの1日量は、体重1kgに対し2mgまでは過剰にはならないと言われています。つまり、体重50kgの人なら1日100mgまで摂取しても問題ないということです。
ルテインを多く摂りたければ1日2粒飲むのもありですね。

 

小林製薬ルテインはどういう人向きか

注文ページでは

  • ぼんやりが気になる方
  • くっきり鮮やかな視界を求める方

におすすめとなっています。

 

網膜にある黄斑部という部分は、モノを見る為に欠かせない重要な器官で、この黄斑部にある重要な成分がルテインです。

 

ルテインが減少すると、パソコンやスマホの光で黄斑部にある脂質が酸化し、視力を低下させます。すると視界がはっきりしない状態になるので、この連鎖を食い止めようとするサプリメントということをアピールしています。

 

小林製薬ルテイン欲しい度

 

感想 感想3

 

体内のルテイン量は加齢と共に減少していきます。
老眼が出始める年齢(40代〜)になると、体内のルテイン量が減少したことによる影響を受けやすくなり、きちんと食事で補給していかなければ、眼病リスクが高まります。

 

しかし、ルテインは目にとって非常に重要な成分ですが、今の目の疲れを軽減させるわけではありません。
将来の為に摂っておくといいのですが、疲れ目対策もしたいようならこのサプリメントだけでは力不足に感じました。

 

例えば、今飲んでいる目のサプリメントがすごく合っていて、疲れ目やドライアイも楽になったとします。しかし、残念ながらそのサプリメントにはルテインが少量しか入っていなかった時に、追加で小林製薬「ルテイン」を摂取するといいのではないでしょうか。

 

人気の目のサプリメントの中には、ルテイン量が少ないものもあるので、プラスαとして使うには大変便利で使いやすいサプリメントだと思います。

 

※あくまで私個人の感想であり、商品や企業を評価するものではありません。

 

 

私はリフレのブルーベリー&ルテインを愛用していますが、もっと価格が安くなるなら小林製薬のルテインaを追加で飲んでみたいと思います。